東洋大学法学部の語学教育:法学部独自のプログラム(短期語学研修(ドイツ))

2014年度より、法学部短期語学研修の研修先にミュンヘン(ドイツ)が加わりました。

*2015年2月〜3月に、3〜4週間の日程で実施(参加者の人数によって、実施期間が決定します)。
*全日程、ミュンヘン市内の一般家庭にホームステイをします。
*平日の午前中は授業(90分授業×2コマ、途中に15分の休憩あり)。
*平日の午後は、買い物プロジェクトや、州政府官房、州裁判所、強制収容所跡などの見学も校外学習が計画されている日のほか、完全に午後を自由に使える日もあります。また、ミュンヘン大学日本語学科の現役学生が企画するチュータープログラムが企画されている日もあります。
*週末は、近郊の都市(ザルツブルク、ウィーンなど)への日帰り旅行(研修費に含まれます)があったり、何も企画されていない週末には自分たちで思い思いのところに旅行に行ったりできます。

第1回説明会(2014年5月9日(金)12:15〜12:55 1408教室)を実施します。

第2回説明会は秋学期初頭(10月初旬)を予定し、そこで参加申込書を配布する予定です。
なお、2015年2月期の航空運賃が10月になると発表になりますので、そこから航空運賃が決定し、研修費の総額をお伝えすることができるようになります。正確な研修費は10月中にお知らせいたしますが、研修費の参考価格は38万円(2014年2月に同じ研修先でプログラムを実施された都内の私立大学の実績値)です。
申し込み締め切りは11月半ばに設定する予定です。


*出発日、研修期間は、参加者数に応じて決定しますので、後日確定させます。
*研修プログラムは出発日と研修期間(および帰国日)がすべて確定した後、様々な校外学習、日帰り旅行、オペラ鑑賞などの文化体験などを日ごとに配置して組んでいきます。
*航空券の手配や研修費の振込み手続きなどは、旅行代理店に委託する予定です(代理店が決まりましたらお知らせします)。



(2014年04月24日更新)